HOMEトピックス2014年棚澤高志弁護士がパートナーに就任

トピックス

2014年01月01日

棚澤高志弁護士がパートナーに就任

世界規模で展開する国際法律事務所ジョーンズ・デイは、世界中の19オフィスにおいて2014年1月1日付で34名の弁護士が新たにパートナーに就任することを発表し、東京オフィスでは棚澤高志弁護士がパートナーに任命されました。

棚澤弁護士は、裁判官及び弁護士としてのキャリアを通じて、製造物責任訴訟を含む不法行為訴訟、企業間契約関係訴訟、消費者契約関係訴訟等の民事訴訟及びこれらに関連する民事保全及び民事執行などの紛争案件に多数携わってきました。また、2009年9月から2010年6月までの期間はピッツバーグオフィスにて、日系企業の米国における製造物責任訴訟などの民事訴訟手続に従事した経験も有しています。

東京オフィス代表パートナーである鈴木正具弁護士は、棚澤弁護士の任命に際し、次のように述べています。「訴訟/紛争解決プラクティスは、世界の主要40都市で展開するジョーンズ・デイの最重要プラクティスの一つです。昨今、企業活動のグローバル化に伴う国際訴訟が増加傾向にあり、国内訴訟及び国際訴訟に豊富な経験を有する棚澤弁護士の更なる活躍および訴訟/紛争解決プラクティスの更なる拡充に大いに期待しています。」 

プロフィールの詳細は、「担当弁護士」よりご参照ください。

担当弁護士

パートナー :棚澤 高志