HOMEトピックス2012年『Corporate Board Member』による調査で12年連続高評価

トピックス

2012年05月01日

『Corporate Board Member』による調査で12年連続高評価

 ジョーンズ・デイは12年連続で『Corporate Board Member』誌による調査のトップ10に選出されました。

ジョーンズ・デイは、『Corporate Board Member』誌、及び、FTIコンサルティングが毎年行っているAmerica's Best Corporate Law Firmsの調査において、4位にランキングされました。ジョーンズ・デイは、12年前の調査開始時より、毎年トップ10にランクインしています。企業のゼネラル・カウンセル向けの個別の調査では、ジョーンズ・デイは7ランクアップし、5位にランクインしました。

『Corporate Board Member』誌、及び、FTIコンサルティングは、2012年1月、上場会社の取締役11,340名及びゼネラル・カウンセル1,957名にアンケートを送付し、本年のランキングを決定しました。この調査はまた、昨今の様々なコーポレート・ガバナンス上の問題点に関する質問も含むものです。

「毎年このリストのトップを独占し続けるこれら一流の法律事務所は、クライアント企業への強い責任感と、卓越したクライアント・サービスを提供することへのコミットメントにより、業界のリーダーとして認められています」と、FTIコンサルティングのフォレンジック・訴訟コンサルティングプラクティス部門のシニア・マネージング・ディレクター兼グローバル・リーダーであるニール・ホフバーグ氏は述べています。また、Corporate Board Memberの社長であるT・K・カーステッター氏は、「これらの法律事務所は、多くは長年にわたる、企業社会への並外れた献身により、業界のリーダーとしての地位を確立しています」と述べています。

NYSEユーロネクストの上場企業であるCorporate Board Memberは、上場会社、大規模非公開会社及びグローバル1000企業の役員・取締役の有力な情報源です。FTIコンサルティングは、ますます複雑さを増している法律、政府規制及び経済状況の中、企業価値の保護・増進の支援を企業に提供している世界的なビジネスコンサルティング会社です。さらなる情報については、Corporate Board MemberとFTIコンサルティングのウェブサイトをご覧ください。

ジョーンズ・デイは、世界中の主要なビジネス・金融センターにおいて法律業務を行っている国際的な法律事務所です。世界最高かつ最も統合された法律事務所としてランキングされ、また長年にわたりベスト・クライアント・サービス部門でランクインしています。フォーチュン500企業、フォーチュン・グローバル500企業及びFTグローバル500企業のうちジョーンズ・デイのクライアントである企業は約半数に上り、ジョーンズ・デイは、これらの企業に対し、法律顧問として法的アドバイスの提供、または、重要案件において代理人を務めています。