HOMEトピックス2007年Chambers Asia, Asia's Leading Lawyers for Business(2008年版)において、ジョーンズ・デイ法律事務所が企業法務/M&A(海外投資ファンド)プラクティスでの「バンド1」と評されました。またスティーブン・デコセがAsia's Leading Lawyers for Businessに選出されました。

トピックス

2007年12月19日

Chambers Asia, Asia's Leading Lawyers for Business(2008年版)において、ジョーンズ・デイ法律事務所が企業法務/M&A(海外投資ファンド)プラクティスでの「バンド1」と評されました。またスティーブン・デコセがAsia's Leading Lawyers for Businessに選出されました。

"Chambers Asia, Asia's Leading Lawyers for Business"(2008年版)において、ジョーンズ・デイ法律事務所が企業法務/M&A(海外投資ファンド)プラクティスでの「バンド1」 と評されました。またスティーブン・デコセはM&A、企業法務における経験が評価され、有力な弁護士として選出されました。

Jones Dayアジア地域では、22名の弁護士がAsia's Leading Lawyers for Businessに選出され、また28の国と地域における法律業務がランキングされました。うち中国、日本、台湾におけるプラクティス5部門では、一番手 である「バンド1」の評価を受けています。

Chambersのランキングは弁護士およびクライアントへの聞き取り調査によって作成され、幅広い観点から、国や分野を網羅した第三者評価を行っています。