HOMEトピックス2012年1月24日 再生可能エネルギーセミナーを開催します。 「米国・欧州における再生可能エネルギー事業投資の機会と法規制」

トピックス

2012年01月18日

1月24日 再生可能エネルギーセミナーを開催します。 「米国・欧州における再生可能エネルギー事業投資の機会と法規制」

ジョーンズ・デイでは「再生可能エネルギー 2012年への展望」~米国・欧州における再生可能エネルギー事業投資の機会と法規制~と題して、セミナーを開催いたします。

ジョー ンズ・デイのニューヨーク・パロアルト・ワシントンDC・マドリッド各オフィスより、再生可能エネルギー分野の豊富な経験を有する弁護士が来日し、米国お よび欧州における再生可能エネルギー事業の最新動向を、事業機会と法規制の面からご紹介します。お申込みは、レクシスネクシス・ジャパン株式会社 ビジネスロー・ジャーナル セミナー担当 (TEL.03-5787-3511)seminar@lexisnexis.co.jp までご連絡ください。

日時: 2012年1月24日(火)14:00~17:00(受付13:30~)
会場: トラストシティカンファレンス・丸の内 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館3階

【プログラム】

序論・米国における太陽光発電事業の概要 : R・トッド・ジョンソン(Jones Dayパロアルト オフィス パートナー、再生可能エネルギー/持続可能性プラクティス グローバルヘッド)

米 国における再生可能エネルギー事業は、党利中心政治や関連企業経営破綻にその後退が示唆されるとの見方もある一方で、日本の投資家やメーカーにとってはか つてない好機を提供しています。本プレゼンテーションは、米国における再生可能エネルギー事業の変化する環境の概要を、太陽光発電事業のサプライチェーン (買収/投資/合弁事業の機会、米国市場への垂直統合によるアプローチの動向を含む)と、外国直接投資において問題となり得る事項に重点を置きながら、紹 介します。

米国における事業機会-太陽光発電 : ジェラルド・P・ファラーノ(Jones DayワシントンDCオフィス パートナー)

米 国の再生可能エネルギー部門、特に大規模発電設備開発において、日本のファンド、投資家、金融機関及びメーカーにとっての事業機会が拡大しています。本プ レゼンテーションは、税制優遇措置及び政府融資保証の終了とこれに伴う米国内再生可能エネルギー市場における外国資本の事業機会拡大がもたらす太陽光発電 開発の変化する様相につき詳細な解説を交えながら、2012年に向け、米国における太陽光及び風力発電開発の背景にある市場力学の変化について概説しま す。

米国における事業機会―風力発電 : ディクソン・C・チン(Jones Day ニューヨーク オフィス パートナー)

米 国では、洋上風力エネルギー市場が成長を続ける一方で、陸上風力エネルギー市場がダイナミックに進化しています。本プレゼンテーションは、金融危機後の陸 上風力発電産業の改善する見通しと、政府支援及び送電に関する政策変更により生じる投資機会について取り上げると共に、洋上風力エネルギー部門への参入を 求める国際的企業にとっての事業機会と課題について説明します。

欧州における事業機会 : ルイス・ムノツ(Jones Day マドリッド オフィス パートナー)及び ライムンド・オルテガ・ブエノ(同 オフカウンセル)

欧 州の再生可能エネルギー市場は、再生可能エネルギープロジェクトにとって最も活発で進化した市場の一つです。本プレゼンテーションは、欧州の再生可能エネ ルギー部門における日本の投資家、金融機関及びメーカーにとっての事業機会について説明すると共に、陸上及び洋上風力、太陽光、熱、バイオマス並びに地熱 エネルギーの各分野における、最近の規制動向、現行の規制枠組、及び予測される今後の動向について解説します。本プレゼンテーションでは、スペイン、英 国、フランス、ドイツ及びイタリア各国における事業機会と現行の規制枠組に注目します。

詳細は http://www.lexisnexis.co.jp/seminar/index.html