HOMEトピックス2010年佐野 忠克弁護士入所

トピックス

2010年07月01日

佐野 忠克弁護士入所

佐野忠克氏は、1969年に経済産業省(当時、通商産業省)に入省し、細川護熙首相秘書官、官房長、通商政策局長を歴任し、2004年に経済産業審議官を最後に退官しました。2006年にジョーンズ・デイ法律事務所に入所し、パートナーとして、安全保障貿易管理、製品安全法制、外国人投資規制、競争法、訴訟などの分野を中心に、法的なリスク・マネジメント、レギュラトリー・コンプライアンスに重点を置き、内外の幅広いクライアントのために活動しました。 2009年9月16日に鳩山首相により政務秘書官に任命され、約8カ月間、筆頭秘書官を務めました。

 東京事務所代表の山内信俊弁護士は、次のように述べています。「佐野弁護士を、再度東京事務所に迎えることを大変喜ばしく、また、光栄に思います。経済産業省における幅広い見識に加え、鳩山前首相の秘書官としての経験を活かし、当事務所で以前にも増して活躍されることを期待しております。」