HOME 法律業務事業再編・倒産

法律業務

事業再編・倒産

破産法.jpgジョーンズ・デイの事業再編・倒産法部門の業務は、常に世界トップクラスの評価を受けています。当事務所の約100名の事業再編部門の弁護士は、世界中のほぼ全ての金融の中心都市で活動しており、借主/債務者や債権者、その他の当事者に対して、企業・事業の再生に関するあらゆるリーガルサービスを提供しています。複雑な企業・事業再生や裁判外での事業再生、連邦破産法第11条の適用事例、その他危機に瀕している事業体に関する業務を全世界で取り扱っています。

当事務所の事業再編等部門の弁護士は、『AmericanLawyer』誌や『Chambers』誌、『TheLegal500』誌などの媒体において、世界をリードする企業事業再生の弁護士として常に評価を受けています。

さらに、重要な点として、当事務所のクライアントが我々のサービスを高く評価していることが挙げられます。

当事務所は、事業再生等の業務に必要なあらゆるスキルを動員し、JonesDayの各プラクティス部門から、事業再編・倒産に関連するリーガルリソースを活用します。