HOME 法律業務独占禁止法

法律業務

独占禁止法

ジョーンズ・デイの独占禁止法部門の弁護士は、独占禁止法分野の困難な案件において、クライアントの代理を務めてきました。現在、世界中の多国籍企業から新たに事業を立ち上げたばかりの中小企業までの幅広いクライアントに対して、M&A、政府調査、民事訴訟や刑事手続から一般的なコンサルティングに至る様々な分野でサービスを提供しています。

当事務所は、『Chambers & Partners』、『The Legal 500』、『PLC Which Lawyer?』『Competition Law Review 360』などの業界内弁護士や法曹業界の格付媒体による調査において、世界的に競争法分野の法律事務所のランキングの上位に常時ランク・インしています。

アジア、北米、及びヨーロッパの23ヵ所のビジネスの拠点で活動する150名を超える弁護士で構成された当事務所のチームは、50ヵ国を超える国々の様々な産業分野にわたるクライアントのため、独占禁止法および競争法上の問題を成功裏に解決しています。合併審査など、クライアントにとって非常に重要な契約分野では、多数の輝かしい成功記録に裏付けられたアドバイスを提供しています。当事務所は、 訴訟弁護士と独占禁止法分野の弁護士との連携という独特の方法を用いて、多数の国々の独占禁止法執行当局や審判廷での手続において、複数の法域に及ぶ調査や、行政訴訟や民事訴訟などの業務に従事しています。