HOME 著書・論文トランプ政権インサイトジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:トランプ氏の大統領就任による対外制裁、輸出管理政策等への影響について

著書・論文

2016年12月

ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:トランプ氏の大統領就任による対外制裁、輸出管理政策等への影響について

トランプ氏の大統領就任により、米国の対外制裁についても変更が予想されます。そもそも米国の対外制裁には、対象国毎の制裁と行為類型に応じた制裁が存在し、いずれも国家緊急経済権限法(International Emergency Economic Power Act)、対敵国貿易法(Trading with the Enemy Act)及び関連する大統領命令(Executive Order)等に基づいて行われてきました。具体的規定の内容としては、主に、被制裁国に関する米国籍の個人又は法人による一定の行為を制限するものですが、イラン制裁法(Iran Sanction Act )のように、非米国籍の個人及び法人の行為にも適用される規定もあり、注意が必要です。

本ホワイトペーパーでは上記のような米国制裁政策の基本的事項の解説に加え、イラン、ウクライナ・ロシア、キューバを対象とした対象国や行為類型に応じた対外制裁のうち、トランプ氏の大統領就任により影響が生じると予想される点につき個別に解説を加えています。さらに、米国の輸出規制及び武器輸出に関する政策がトランプ氏の大統領就任によりいかに影響を受けるかといった点についても言及しています。

上記は、現在又は近い将来米国に拠点を有する日本企業等にとっても重要な情報といえますので、紹介します。詳細は、Jones Day White Paper"Global Issues Under the Trump Administration: What the Future May Hold for Sanctions and Export Controls"(オリジナル(英語)版)をご参照ください。

タイトル掲載雑誌発行日
ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:トランプ氏の大統領就任による対外制裁、輸出管理政策等への影響についてジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー2016年12月

担当弁護士

アソシエイト :渡邉 一雅