HOME著書・論文政府規制ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:米国、輸出規制改革法に基づく新たな規制の制定に向けた動きは輸出管理規制の厳格化の兆候

著書・論文 政府規制

2018年12月

ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:米国、輸出規制改革法に基づく新たな規制の制定に向けた動きは輸出管理規制の厳格化の兆候

2018年輸出規制改革法(Export Control Reform Act)は、安全保障の見地から重要な技術に重点を置いて新たな規制を加えることで米国における輸出管理を大きく変えるものです。そのような技術を特定すべく、米国商務省は新たな規制の制定について30日間の期間を設けてパブリックコメントの受付の公表を行いました。

規制の対象となる技術に関して米国企業との取引が想定される日本企業には関心の高いトピックと考えられることから、ご紹介する次第です。詳細は、Jones Day White Paper "Proposed Rulemaking Under ECRA Signals Tightening of Export Control Restrictions"(オリジナル(英語)版)をご参照ください。

タイトル掲載雑誌発行日
ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー:米国、輸出規制改革法に基づく新たな規制の制定に向けた動きは輸出管理規制の厳格化の兆候ジョーンズ・デイ・ホワイトペーパー2018年12月

担当弁護士

パートナー :森 雄一郎