HOME著書・論文政府規制ジョーンズ・デイ・ホワイト・ペーパー:米国政府、対ロシア制裁の本格的実施へ前進

著書・論文 政府規制

2017年11月

ジョーンズ・デイ・ホワイト・ペーパー:米国政府、対ロシア制裁の本格的実施へ前進

米国財務省外国資産管理局及び米国国務省は、2017年10月、対ロシア制裁を強化すべく同年8月に成立した「敵対者に対する制裁措置法」("Countering America's Adversaries Through Sanctions Act")(以下「本法」)に関する正式なガイダンスを発表しました。これにより、米国による対ロシア制裁の本格的な実施に大きな焦点が当たっています。そこで、ロシア関連の事業活動に従事する企業は、自社の事業活動について継続的に検討し、対ロシア制裁に抵触していないかを確認すべきです。

本ホワイト・ペーパーは、特定の経済部門を対象とするセクター別制裁("Sectorial Sanctions")及び非米国人がロシアの関与する活動に従事しないようにすることを意図した二次的制裁("Secondary Sanctions")に関する本法をめぐる近時の動きについて記載しています。

本ホワイト・ペーパーは、ロシアと取引を行う日本企業等にとって有用な情報ですので紹介します。詳細は、Jones Day White Paper "U.S. Government Takes Steps Toward Implementation of Sanctions on Russia"(オリジナル(英語)版)をご参照ください。

タイトル掲載雑誌発行日
ジョーンズ・デイ・ホワイト・ペーパー:米国政府、対ロシア制裁の本格的実施へ前進ジョーンズ・デイ・ホワイト・ペーパー2017年11月

担当弁護士