HOME 著書・論文事業再編・倒産ジョーンズ・デイ・コメンタリー:自動運転車両の実用化への道のり~保険に及ぼす影響についての考察

著書・論文 事業再編・倒産

2017年4月

ジョーンズ・デイ・コメンタリー:自動運転車両の実用化への道のり~保険に及ぼす影響についての考察

自動運転車両の業界に関わる企業は、その実用化が近づくに連れて、これに起因する製造物責任に関連する様々な問題の検討を進めています。それらの問題の中には、これまでの状況と性質において明確に異なる問題も含まれると考えられており、保険もその一つに数えられています。保険会社が提供するPL保険は企業に生じた製造物責任法上の損害をカバーするものであり、自動運転車両の実用化により保険会社にも大きな影響が生じることが予想されるからです。

これまでは、車両事故があった場合、まず運転者の責任が問われるのが通常でした。しかし、自動運転車両の実用化によって、責任の所在が運転者から当該車両やその部品の製造者等に大きくシフトすることが見込まれます。それゆえ、自動運転車両の製造者等は、自らが加入する保険の補償範囲について確認することが必要となります。また、保険会社においても、自動運転車両の製造者等に特化した新たな保険商品が開発されることが予想されます。

本コメンタリーでは、米国において自動運転車両の製造業者等が自動運転車両の実用化に際して保険の内容を検討する場合の留意点について、具体的に列挙しており、自動車製造業に関わる日本企業等にとっても有用な情報であることから、紹介する次第です。詳細は、Jones Day Commentary "The Road to Autonomous Vehicles: A Look at Insurance Implications"(オリジナル(英語)版)をご参照ください。

タイトル掲載雑誌発行日
ジョーンズ・デイ・コメンタリー:自動運転車両の実用化への道のり~保険に及ぼす影響についての考察ジョーンズ・デイ・コメンタリー2017年4月

担当弁護士

パートナー :棚澤 高志 森 雄一郎

アソシエイト :渡邉 一雅