HOME 著書・論文訴訟/紛争解決紛争解決手続選択の思考過程―訴訟・仲裁のいずれを選択すべきかの実務上の判断ポイント― (『New Business Law』No.1062)

著書・論文 訴訟/紛争解決

2015年11月

紛争解決手続選択の思考過程―訴訟・仲裁のいずれを選択すべきかの実務上の判断ポイント― (『New Business Law』No.1062)

棚澤高志弁護士と花田裕介弁護士の論稿、「紛争解決手続選択の思考過程―訴訟・仲裁のいずれを選択すべきかの実務上の判断ポイント―第4回仲裁手続きの選択、シンガポール国際商事裁判所」が『New Business Law』(No.1062, 2015年11月15日商事法務)の連載として掲載されました。

タイトル 掲載雑誌 発行日
紛争解決手続選択の思考過程―訴訟・仲裁のいずれを選択すべきかの実務上の判断ポイント― (『New Business Law』No.1062) New Business Law No.1062 2015年11月

担当弁護士

パートナー :棚澤 高志

アソシエイト :花田 裕介