HOME著書・論文独占禁止法ジョーンズ・デイ・ニュースレター:Global Merger Control Update

著書・論文 独占禁止法

2017年12月

ジョーンズ・デイ・ニュースレター:Global Merger Control Update

執行状況については各国で違いがあるものの、近年では110を超える国々において企業結合規制が導入されています。したがって、クロスボーダーのM&Aを行う場合、各国の企業結合規制を考慮する必要があります。

本記事では、(1)イタリア(事前届出基準の引下げ)、南アフリカ(中規模企業結合における届出基準の引上げ)、韓国(届出基準の引上げ)及びタンザニア(届出基準を資産又は売上高とする変更及び引上げ)における既存の企業結合規制の重要な改正、(2)タイにおける企業結合規制の導入(事前承認及び事後承認の二重企業結合規制)及び(3)アルゼンチンにおいてパブリックコメントに付されている企業結合規制の改正(クロージング後の届出制度を変更)について説明しています。

本記事は、クロスボーダーのM&Aについて、海外の企業結合規制の影響を受ける日本企業にとっても有用な情報ですので紹介します。詳細は、"Global Merger Control Update"(オリジナル(英語)版)をご参照ください。

タイトル掲載雑誌発行日
ジョーンズ・デイ・ニュースレター:Global Merger Control Updateジョーンズ・デイ・ニュースレター2017年12月

担当弁護士

パートナー :宮川 裕光

アソシエイト :橘川 裕樹