HOME2016年米国特許侵害訴訟の最新動向 ~テキサス州東部地区、ディスカバリー、その他近時の手続上の課題~

セミナー・講演

2016年

2016年10月6日(大阪)、7日(東京)

米国特許侵害訴訟の最新動向 ~テキサス州東部地区、ディスカバリー、その他近時の手続上の課題~

株式会社FRONTEOとジョーンズ・デイの共催により、「米国特許侵害訴訟の最新動向 ~テキサス州東部地区、ディスカバリー、その他近時の手続上の課題~」と題するセミナーを開催します。

本セミナーでは、米国特許訴訟について関心の高い3つのテーマを取り上げます。まず、特に特許不実施主体(いわゆるパテント・トロール)による米国特許訴訟において最も好まれて利用され続けている、テキサス州東部地区連邦地方裁判所の最新動向と日本企業への影響について、米国ダラスオフィスの弁護士とビデオ回線をつないで紹介します。次に、合衆国法典(U.S.C.)第28巻1782条について取り上げ、1782条に基づいて得られた証拠を日本企業がいかに有益に米国外での訴訟で活用できるかを検討します。最後に、ディスカバリーの効率化と負担軽減を意図した、2015年12月の改正連邦民事訴訟規則が、その後2016年に行われたディスカバリーにおいて、実際にどのように裁判所によって適用されてきたかを検証します。

【開催概要】

日程: 【大阪】2016年10月6日(木)13:30~17:00(13:00より受付開始)
【東京】2016年10月7日(金)13:30~17:00(13:00より受付開始)
場所: 【大阪】梅田スカイビル貸し会議室 F会議室
【東京】AP東京八重洲通り Room F+G
講演者: MaxwellFox.jpg
Maxwell A. Fox
東京オフィス
ShogoAsaji.jpg
浅地 正吾
東京オフィス
KeithDavis.jpg
Keith B. Davis
ダラスオフィス
(ビデオ講演)
言語: 英語・日本語(英語での講演には適宜弁護士による日本語での要約があります)
参加費: 無料

※本セミナーに関してのご質問等は、貴社担当弁護士、又はセミナー担当窓口 seminar@jonesday.jp までお問い合わせください。

日付題名場所
2016年10月6日(大阪)、7日(東京)米国特許侵害訴訟の最新動向 ~テキサス州東部地区、ディスカバリー、その他近時の手続上の課題~大阪、東京