HOME2014年米国事業買収-外国買主にとっての重要な法律上・実務上の考慮事項(更新版)

セミナー・講演

2014年

2014年1月29日

米国事業買収-外国買主にとっての重要な法律上・実務上の考慮事項(更新版)

2012年7月に開催した「米国事業買収の基本-外国買主にとっての重要な法律上・実務上の考慮事項」セミナー資料の最新版を発行いたしました。最新の内容に更新するとともに、税務上の考慮事項を新たに追加しています。

<目次>
• 外国買主にとっての主要論点
• 買収対象の特定及び属性
• 会社法制による制約
• 法規制による制約及び届出義務
• 買収ストラクチャー
• 資金調達及び対価の選択
• 従業員に関する考慮事項
• 過半数持分への投資
• 買収契約に関する考慮事項
• 特殊なリスク
• 買収が外国親会社及び米国外の事業に与える影響
• 米国輸出規制
• 米国の税務上の考慮事項

*詳細は、以下のPDFリンクよりご参照ください。

日付題名場所
2014年1月29日米国事業買収-外国買主にとっての重要な法律上・実務上の考慮事項(更新版)