HOME2012年不法行為責任訴訟セミナー:米国における訴訟戦略について

セミナー・講演

2012年

2012年1月13日(東京)・16日(大阪)

不法行為責任訴訟セミナー:米国における訴訟戦略について

米国の不法行為責任訴訟プラクティス、ミッキー・ポール、ジョン・ゲッツ、シャリル・リースマン、リック・マックナイト、及び、東京オフィスの棚澤高志弁護士が、米国民事訴訟の最新動向、および会社に多大な打撃を与えかねない米国内における商品損害賠償、有害物質不法行為等の訴訟における課題を実務経験を踏まえて説明しました。また、訴訟が提起された場合において,和解金額、裁判費用、その後提起される訴訟件数を最小限に抑え、裁判を有利に運ぶ戦略方法等を紹介しました。

日付題名場所
2012年1月13日(東京)・16日(大阪)不法行為責任訴訟セミナー:米国における訴訟戦略についてホテルオークラ東京、ヒルトン大阪

担当弁護士

パートナー :棚澤 高志